ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 適時開示実務入門

  • 適時開示実務入門

ポイント倍率

適時開示実務入門

  • 鈴木広樹/著 鈴木 広樹
    1971年新潟市生まれ。1995年早稲田大学政治経済学部卒業。現在、事業創造大学院大学准教授

  • ページ数
    171p
  • ISBN
    978-4-495-19981-4
  • 発売日
    2014年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 実務上の重要ポイントを解説!投資家に対する最初の重要情報の開示であり、有価証券の価格形成に影響を及ぼす適時開示についてやさしく説明する。
目次
第1章 適時開示実務の基本(適時開示とは
インサイダー取引規制との関係
開示時期 ほか)
第2章 決定事実・発生事実に関する適時開示の実務のポイント(株式の発行、自己株式の処分
株式の売出し、株式の分割
資本金・準備金の減少、自己株式の取得 ほか)
第3章 決算情報・決算関連情報に関する適時開示の実務のポイント(決算短信・四半期決算短信
業績予想の修正
配当予想の修正、剰余金の配当)
資料 適時開示の基準

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 適時開示実務入門
  • 適時開示実務入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中