ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 聖なるものの刻印 科学的合理性はなぜ盲目なのか

  • 聖なるものの刻印 科学的合理性はなぜ盲目なのか

聖なるものの刻印 科学的合理性はなぜ盲目なのか

  • ジャン=ピエール・デュピュイ/著 西谷修/訳 森元庸介/訳 渡名喜庸哲/訳 デュピュイ,ジャン=ピエール(Dupuy,Jean‐Pierre)
    1941年生まれ。哲学者。スタンフォード大学教授。エコール・ポリテクニーク名誉教授。イヴァン・イリッチ、ルネ・ジラールの薫陶を受け、政治哲学から経済哲学、科学哲学に至る広汎な領域で活躍。とくに2000年代以降、「破局主義」の概念をめぐる諸著作によって注目を集める。また、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)倫理委員会委員長を務めてもいる

    西谷 修
    1950年愛知県生まれ。東京都立大学フランス文学科修士課程修了、現在、東京外国語大学総合国際学研究院教授

    森元 庸介
    1976年大阪府生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。パリ西大学博士(人文学)。東京外国語大学等非常勤講師

    渡名喜 庸哲
    1980年福島県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学。パリ第7大学社会科学部博士課程修了。博士(政治哲学)。日本学術振興会特別研究員を経て、東洋大学国際哲学研究センター研究助手

  • ページ数
    343p
  • ISBN
    978-4-7531-0318-8
  • 発売日
    2014年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • グローバルに拡張される核エネルギー、IT、バイオ・ナノ・テクノロジー、金融工学などが、発展途上国を巻き込んで資源開発・乱獲に拍車をかけ、地球上の汚染を深刻化して、文明がサタンに誘われた豚の群れのように破滅の淵に突進しようとしている。ディピュイの思考の集大成としての賢明な破局論。
目次
序章 聖なるもののかたち
第1章 アポカリプスを間近に考える―わたしの歩み
第2章 科学、みずからそれと知らない神学
第3章 宗教それは自然なのか超自然なのか
第4章 バビロンの籤引き投票―合理的手続きと儀礼のあいだで
第5章 正義とルサンチマン
第6章 核の脅威、われわれにとっての新たな聖なるもの―ビン・ラディンからヒロシマへ
第7章 「わたしが死ぬとき、わたしたちの愛はまるでなかったことになる」―ヒッチコック『めまい』の主題による変奏

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:LA MARQUE DU SACRE
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 聖なるものの刻印 科学的合理性はなぜ盲目なのか
  • 聖なるものの刻印 科学的合理性はなぜ盲目なのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中