ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 放射線はなぜわかりにくいのか 放射線の健康への影響、わかっていること、わからないこと

  • 放射線はなぜわかりにくいのか 放射線の健康への影響、わかっていること、わからないこと

放射線はなぜわかりにくいのか 放射線の健康への影響、わかっていること、わからないこと

  • 名取春彦/著 名取 春彦
    1949年東京生まれ。東北大学大学院医学研究科博士課程修了。癌研付属病院、東北大学医学部、メモリアルスローン癌センターを経て、1989年から獨協医科大学に勤務

  • ページ数
    380p
  • ISBN
    978-4-87177-322-5
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 放射線の単位「シーベルト」を理解している人はいるだろうか?放射線の単位はなぜ変更されたのか?妊婦や子どもに20mSvの被曝を許してもよいのか?福島産の農作物を食べても大丈夫なのか?放射線への誤解と混乱の原因をあきらかにする。
目次
フクシマにおける放射線の誤解と混乱
放射線とはなにか
放射線は人類の幸せにいかに貢献してきたか
放射線が人体へ与える影響
内部被曝とは
確定的影響と確率的影響
放射線から身を守るには
放射線防護の社会的枠組み
放射線の単位変更の謎
少しの放射線は、危険なのか心配ないのか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 放射線はなぜわかりにくいのか 放射線の健康への影響、わかっていること、わからないこと
  • 放射線はなぜわかりにくいのか 放射線の健康への影響、わかっていること、わからないこと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中