ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社

  • 大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社

大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社

  • オバタカズユキ/著 オバタ カズユキ
    フリーライター、コラムニスト。1964年東京都生まれ、千葉県育ち。大学卒業後、一瞬の出版社勤務を経て、1989年より文筆業に

    伊藤 豊
    スローガン株式会社代表取締役社長。1977年、栃木県生まれ。2000年に東京大学文学部卒業後、日本アイ・ビー・エム株式会社入社。システムエンジニア、関連会社での新規事業立ち上げ、本社マーケティング部門を経て、2005年に起業

  • ページ数
    223p
  • ISBN
    978-4-02-331244-9
  • 発売日
    2014年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あえて大企業に背を向けて彼らが選んだ「成長企業」とは。
目次
第1部 知る人ぞ知る会社、そこで働く若者たち(「メイド・バイ・ジャパン」でアップル、サムスンを超える―テラモーターズ株式会社(電動バイクメーカー)
社長自身が「ビジョンの奴隷」週1の唱和で理念に立ち返る―Sansan株式会社(クラウド名刺管理サービス)
採用も研修も人事ではなく手を挙げた人が主導する―株式会社ネットプロテクションズ(後払い決済サービス)
脱「人月工数」とフェアネスでエンジニアをもっと幸せにする―フォルシア株式会社(商品検索エンジン開発)
月に20万円は確実に稼げる新たな労働市場の創出を目指す―株式会社クラウドワークス(クラウドソーシングサービス))
第2部 大企業とベンチャー、いったいどこが違うのか(若者と「知る人そ知る会社」を結びつけたスローガン社
「優良成長企業」の今と「IT企業」への誤解
なぜ若者はベンチャー企業を目指し始めたのか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

【社会科学/経営】大手企業で漫然と働くことが最大のリスク──。東大、早稲田、慶応などを卒業したエリートたちが大企業を蹴って選んだのはどんな企業か。優秀な人材が集まる成長企業のいまと、脱大手の最先端をいく若者たちの就職観・仕事観に迫る渾身のノンフィクション。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社
  • 大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中