ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 槍ケ岳山頂

  • 槍ケ岳山頂

槍ケ岳山頂

  • 川端誠/作 川端 誠
    1952年、新潟県上越市生まれ。絵本作家。作品に『鳥の島』(第5回絵本にっぽん賞受賞)など多数。絵本作家ならではの絵本解説も好評

  • ページ数
    〔40p〕
  • ISBN
    978-4-7764-0624-2
  • 発売日
    2014年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 槍ヶ岳山頂をめざす父子の物語。急な上り下りや激しい雨、濃いガス、それらを乗り越えた先には……。迫力満点の絵と文で描く感動作。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26×26cm
対象年齢 小学34年生 小学5

商品のおすすめ

槍ヶ岳山頂をめざす父子の物語。急な上り下りや激しい雨、濃いガス、それらを乗り越えた先には……。迫力満点の絵と文で描く感動作。(「近刊情報」より)

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

絵が、川端誠さんらしくないと思う方があるかも知れません。川端さんが初見とか、馴染みのない方だと、写真のような絵なので、写真に色づけする作家さんかと思うかも知れません。でも、この絵本は、紛れもなく、川端誠さんの絵本です。そして、私は間違いなく傑作だと思います。それは、例えば、初期の3部作、「鳥の島」「森の木」「ぴかぴかぷつん」などと比べていただけば、どなたでも分かります。あるいは、「十二支のお節料理」や「落語絵本」シリーズなど、版画を元に描かれた作品と比べられても良いかと思います。とにかく、とてつもない根気をもって、丹念に描かれた絵、それが川端さんの絵なのです。今回は、そうやって描かれた槍ヶ岳やアルプス銀座と呼ばれる燕岳~槍ヶ岳の縦走路の実際の風景を舞台として、従来の絵とは異なる、より写実的な描写による親子を中心とした人物が往来するのです。お話の方は、その紹介にもあるとおりで、小学生高学年の男の子がお父さんに連れられて、初めて槍ヶ岳を目指す物語です。楽しいこともツライことも起こりますが、お父さんは、常に冷静で的確に、子どもを導いて行きます。最後、奥付の上の方には、川端さんの思いを綴られた文章も見えます。見開き一杯のスタンプに彩られたルートも楽しいです。ともかく、一度、手に取ってその質感を、絵も文章も質感を感じていただきたい、ずっしりと来る絵本、それが私の感想です。真ん中辺りには、ルートで見られる高山植物の紹介もされています。この主人公の男の子と同じ年代でなくても、この絵は、もっと小さな子ども達にも、ぜひ体験してもらいたいものだと思います。少し横長?な大きめの絵本は、十分に眺めるだけでも、何かを残すものと思います。(山田錦さん 50代・兵庫県 )

ページの先頭へ

閉じる

  • 槍ケ岳山頂
  • 槍ケ岳山頂

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中