ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人間革命 第12巻

  • 人間革命 第12巻

人間革命 第12巻

  • シリーズ名
    聖教ワイド文庫 061
  • ページ数
    518p
  • ISBN
    978-4-412-01525-8
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

819 (税込:885

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。
    小説『人間革命』第2版として、活字が大きく読みやすい聖教ワイド文庫版で発刊。

    <概要>
     打ち続く障魔の嵐との攻防戦は、戸田を著しく疲弊させた。
     彼は、昭和32年9月8日、横浜・三ツ沢の競技場での青年部体育大会の席上、原爆使用者を人類の生存の権利を奪う「魔もの(サタン)」と断じた「原水爆禁止宣言」を、遺訓の第一として発表した。
     晩秋、戸田は病魔に倒れる。だが、広布達成への強き一念で病を克服していく。
     この年末、戸田の願業の75万世帯が達成される。
     昭和33年3月、戸田は、総本山で大講堂の落慶祝賀の総登山の指揮をとる。16日には「広宣流布の模擬試験」となる儀式を行い、広布後継のバトンを伸一をはじめとする青年たちに託す。
     そして、「追撃の手をゆるめるな!」との叫びを遺言として、4月2日、戸田は逝去する。
     師を失った悲しみを超え、実質的に学会の全責任を担う山本伸一。会員の間に第3代会長推戴の機運が高まり、昭和35年5月3日、戸田の分身の弟子は遂に会長となり、新たな黎明を開く舞台に立つ。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 17cm
対象年齢 一般
版数 第2版

ページの先頭へ

閉じる

  • 人間革命 第12巻
  • 人間革命 第12巻

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中