ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 西方電撃戦

  • 西方電撃戦

西方電撃戦

  • 齋木伸生/著 齋木 伸生
    1960年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、同大学院法学研究科修士課程修了、博士課程修了。経済学士、法学修士。国際関係論を研究。研究上はソ連軍・フィンランド関係とフィンランドの安全保障政策が専門。軍事・兵器に関しては陸海空に精通。とくにソ連兵器と世界の戦車のエキスパート。艦船模型サークル「ミンダナオ会」所属

  • シリーズ名
    光人社NF文庫 さN-813
  • ページ数
    398p
  • ISBN
    978-4-7698-2813-6
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

857 (税込:926

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「パンツァー、フォー!」静寂を破って急襲を開始したドイツ機甲軍団。土煙を蹴立てて疾走し、防衛戦を突破してつぎつぎと襲いかかる。奇襲に慌てふためく敵兵は大混乱となり、大地は血に染まる。手に汗にぎる息づまる死闘のかずかず。激戦場の戦闘シーンを臨場感あふれる筆致でつづったドイツ戦車戦ストーリー。
目次
世界最初のタンクバトル―一九一八年四月二四日ヴィレル・ブレトニューの戦い
ポーランド電撃戦―一九三九年九月一八日~一九日カンピノスの森の戦い
消え失せたフランス機械化部隊―一九四〇年五月一三日ジャンブルーの戦い
フランス戦車師団を襲った最悪の出来事―一九四〇年五月一五日フラビオンの戦い
「ロンメル戦車師団」アラスの危機一髪―一九四〇年五月二一日アラスの戦い
マチルダに踏み潰された独裁者の欲望―一九四〇年一二月九日ニベイワ砦の戦い
西方砂漠に埋没したイタリア戦車隊―一九四一年二月六日~七日ベダ・フォームの戦い
北アフリカの要衡“トブルク”陥落せず―一九四一年四月一一日~五月四日トブルク攻防戦
八八ミリ高射砲が挑んだ熱砂の対戦車戦―一九四一年五月一五日~六月一七日ハルファヤ峠の戦い
橋頭堡を封鎖したさまよえるKV戦車―一九四一年六月二三日~二六日一両だけの戦い〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 西方電撃戦
  • 西方電撃戦

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中