ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 図解国際税務早わかり 1時間でわかる

  • 図解国際税務早わかり 1時間でわかる

図解国際税務早わかり 1時間でわかる

  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-04-602523-4
  • 発売日
    2012年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • タックスヘイブン対策税制、移転価格税制もわかる。
目次
第1章 国際税務を知っていればトクをする!(なぜ国際税務を学ぶ人が増えてきたのか
国際税務の目的(1) 二重課税防止―二重課税防止ルールを活用し、取引を有利に進める
国際税務の目的(2) とりっぱぐれ防止―とりっぱぐれ防止ルールを理解し、取引を有利に進める)
第2章 節税したい海外進出企業に必要な国際税務(租税条約―所得税・法人税が軽減される
外国税額控除制度―外国でかかった税金を日本の税金から取り戻す
外国子会社配当益金不算入制度―海外子会社からの配当に課税されない)
第3章 海外進出企業が注意したい2つの国際税制(タックスヘイブン対策税制―外国の子会社に対しても日本の法人税がかかる
移転価格税制―取引価格の変更による所得流出を防ぐ)
第4章 節税したい海外移住者に必要な国際税務(居住か非居住かにより課税額に大きな差が出る
居住者の収入にかかる税金はどうなるか
非居住者の収入にかかる税金はどうなるか
相続・贈与にかかる税金はどうなるか)
第5章 事例で理解する海外進出企業・海外移住者の国際税務(中国子会社の利益を有利に回収する
海外子会社を有利に売却する
香港経由で中国に進出する
地域統括会社で資金を有効活用する
移転価格ポリシーにより海外小会社の利益を管理する
海外からネット配信サービスを提供する
海外へ移住すると所得税はどうなるか
海外へ移住すると相続税はどうなるか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 図解国際税務早わかり 1時間でわかる
  • 図解国際税務早わかり 1時間でわかる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中