ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 愛蔵版 花縄 中

  • 愛蔵版 花縄 中

ポイント倍率

愛蔵版 花縄 中

  • シリーズ名
    キングシリーズ
  • ISBN
    978-4-86225-962-2
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

648 (税込:700

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 鬼平、十手を託す!元大関・玉椿花太郎、鬼平が惚れた男!鬼平と花太郎の名コンビが江戸の闇を暴き出す!

    寛政年間。元大関・玉椿こと花太郎は、生きる気力を失って本所深川の長屋で寝転がっていた。
    花太郎には、愛した女・富砂女(ふさめ)を自殺させてしまったという心の傷があったのだ。
    失意の中、大川に身を投げようとしようとしていた花太郎は、ある武士に止められる。
    長谷川平蔵…《鬼平》と呼ばれ大江戸八百八町の守護神(まもりがみ)として人々に畏敬される火付盗賊改方の長官であったが、その肉体は死の病に冒されていた。
    そんな時、花太郎が世話になった長屋の娘・お咲が義父から犯されそうになり、身を守るために出刃包丁で刺してしまうという事件が起こる。
    花太郎はお咲の罪を被り犯人として出頭するが、鬼平に看過されお咲の罪は不問に付されることになる。
    病と戦いながら悪を追い続ける鬼平との出会いが、花太郎の心に変化をもたらしてゆく。
    そして鬼平は自らの十手を花太郎に託し、花太郎は鬼平の最強の手足となる。
    堅い絆で結ばれた二人は、二人三脚で江戸の闇に巣食う悪と戦っていくのだった。

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル 劇画キングS

ページの先頭へ

閉じる

  • 愛蔵版 花縄 中
  • 愛蔵版 花縄 中

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中