ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 斧・熊・ロッキー山脈 森で働き、森に暮らす

  • 斧・熊・ロッキー山脈 森で働き、森に暮らす

斧・熊・ロッキー山脈 森で働き、森に暮らす

  • クリスティーン・バイル/著 三木直子/訳 バイル,クリスティーン(Byl,Christine)
    アメリカ中西部、五大湖地方の出身。大学を卒業後、モンタナ州のグレイシャー国立公園で整備の仕事を始める。その後、アラスカ州立大学アンカレッジ校でフィクション・ライティングを学び、MFA(芸術系修士号)を取得。その間、また卒業後もアラスカ沿岸部コードバとデナリ国立公園で公園整備の仕事を続ける。現在はアラスカ州、ヒーリーの町にほど近い、デナリ国立公園の北のツンドラ地帯に在住

    三木 直子
    東京生まれ。国際基督教大学教養学部語学科卒業。外資系広告代理店の営業およびテレビコマーシャル・プロデューサーを経て、1997年に独立。海外のアーティストと日本の企業を結ぶコーディネーターとして活躍するかたわら、テレビ番組の企画、クリエイターのためのワークショップやスピリチュアル・ワークショップなどを手がける

  • ページ数
    318p
  • ISBN
    978-4-8067-1466-8
  • 発売日
    2013年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 交通手段は、ラバと徒歩。橋もないので川は下着で徒渉。チェーンソーと斧を担いで、野生動物の王国である国立公園内の大森林に分け入り、ハイカーのための登山道を人力だけでつくりつづける。連邦国立公園局登山道整備隊のリーダーとして、屈強の男たちでも音をあげる、現代に残る、もっとも厳しく、激しい肉体労働の中で、自然と人間との関わり方を問い続けた女性作家の15年間の希有な記録。
目次
1 川‐野生を求めて―ノースフォーク
2 高山地帯‐何もかも、教わったのは森林限界の上―スペリー
3 森‐森が我が家になるまで―ミドルフォーク
4 海岸‐私が海と出会ったところ―コードバ
5 国立公園‐どこまで北上できるか?―デナリ
6 我が家‐なぜ残ったか―デナリ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Dirt Work
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 斧・熊・ロッキー山脈 森で働き、森に暮らす
  • 斧・熊・ロッキー山脈 森で働き、森に暮らす

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中