ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 理系のためのExcelグラフ入門 実験データを正しく伝える技術

  • 理系のためのExcelグラフ入門 実験データを正しく伝える技術

理系のためのExcelグラフ入門 実験データを正しく伝える技術

  • 金丸隆志/著 金丸 隆志
    1973年北海道生まれ。博士(工学)。工学院大学機械創造工学科准教授。専門は非線形力学および計算論的神経科学。近年はスマートデバイスを用いた情報処理に興味がある。2001年、東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻修了。2001年~2005年、東京農工大学電気電子工学科助手を経て、現職に至る

  • シリーズ名
    ブルーバックス B-1837
  • ページ数
    277p
  • ISBN
    978-4-06-257837-0
  • 発売日
    2013年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

980 (税込:1,058

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 卒論や修論に役立つグラフの描き方が学べる 誤差範囲を示すグラフ、近似曲線を用いるグラフ、理論式によるグラフ(サイン関数や反比例)、対数グラフ、ヒストグラム etc. データの意味を的確に表し質の高いグラフが描ける 実験で得た数値データを表すグラフは、誤解なく読み取れるように仕上げることが重要。これをExcelで実現するために必要なデータを正しく伝える技術について丁寧に解説する。軸ラベルや凡例、線の種類などの基本設定から対数グラフやヒストグラムなどの描き方まで、卒論やレポートなどに用いるグラフの質を飛躍的に向上させる知識が自然と身につく。
目次
1章 散布図とグラフの基本的な設定
2章 複数のグラフの区別を容易にしよう
3章 複数回行った実験結果をグラフにする
4章 実験データの近似曲線を描く
5章 軸を2つ使うグラフを描く
6章 理論式に基づいたグラフ
7章 片対数グラフ
8章 両対数グラフ
9章 ヒストグラム
10章 テンプレートの利用
11章 グラフをWordに貼り付ける

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 理系のためのExcelグラフ入門 実験データを正しく伝える技術
  • 理系のためのExcelグラフ入門 実験データを正しく伝える技術

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中