ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 英国セント・キルダ島で知った何も持たない生き方

  • 英国セント・キルダ島で知った何も持たない生き方

英国セント・キルダ島で知った何も持たない生き方

  • 井形慶子/著 井形 慶子
    1959年長崎県生まれ。作家。出版社勤務後、外国人向け情報誌を創刊。28歳で出版社を興し、英国生活情報誌「ミスター・パートナー」を発刊。同誌編集長

  • シリーズ名
    ちくま文庫 い39-5
  • ページ数
    253p
  • ISBN
    978-4-480-43095-3
  • 発売日
    2013年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

700 (税込:756

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大西洋上に浮かぶ周囲から隔絶された島、英国セント・キルダ群島。法律も、医療も、学校も、十分な食料もない絶海の孤島で暮らしていた36人の島民の生活と社会を、実在した一人の長老の目を通じて語る。何も持たない人々の知恵と葛藤。訪れる人が後を絶たない世界遺産の島、セント・キルダの歴史と魅力を、イギリス通の著者が日本で初めて紹介した本。巻末に最新の資料を付した。
目次
はるかなる足音
今日することを皆で決める習慣
牛と暮らす石積みの家にこだわる
地代を払っても住み続ける島
鳥猟と七人の強いロープの絆
伝説と信仰が支える生き方
イギリスで最も質素で平和な暮らしの手本
教会がすすめた生活改革の功罪
学校教育がもたらした皮肉な結末
海だけが配達できる孤島からの手紙
イギリス本土から押し寄せる観光客が見たかったもの
誰も止められない村の衰退
三六人が受け入れた最後の決断
本土移住の日
何が一番幸せだったか
魂が還っていく島へ

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 英国セント・キルダ島で知った何も持たない生き方
  • 英国セント・キルダ島で知った何も持たない生き方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中