ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 巨大彗星 アイソン彗星がやってくる

  • 巨大彗星 アイソン彗星がやってくる

巨大彗星 アイソン彗星がやってくる

  • 渡部潤一/著 渡部 潤一
    1960年福島県生まれ。天文学者。自然科学研究機構国立天文台副台長・教授。総合研究大学院大学数物科学研究科天文科学専攻教授。東京大学卒。理学博士(東京大学)。専門は太陽系天文学。太陽系内小天体の観測的研究に取り組み、とくに彗星を中心に太陽系構造の進化に迫る。また長年にわたり天文学の一般への普及に尽力。国際天文学連合の惑星の定義委員会委員として準惑星という新たな定義を決定し、冥王星をその座に据える案を作成したメンバーの1人

  • ページ数
    246p
  • ISBN
    978-4-416-11381-3
  • 発売日
    2013年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2013年、天文界の最大の話題となる巨大彗星-アイソン彗星C/2012 S1。本書は「アイソン彗星とはどのような彗星か」、「彗星の規模はどれくらいなのか、どれくらいの明るさなのか」、「彗星とはどのような天体なのか」をわかりやすく紹介した書籍です。著者は国立天文台の副台長であり、天文学に親しみのない人にもわかりやすい解説で定評のある渡部潤一氏。彗星研究の第一線に立ち続けてきた天文学者であるとともに、長年の彗星ファンでもある著者が、過去の大彗星の発見や経緯、その動向などを紹介しつつ、アイソン彗星について紹介します。彗星は11月末から見ごろを迎え、-4等級の明るい彗星となることが期待されています。本書ではアイソン彗星がいつどのように見られるかについても平易に紹介。世紀の大彗星「アイソン彗星」について知りたい、知的好奇心に応える一冊です。
目次
第1章 “彗星の年”へのプロローグ
第2章 事件は小惑星から―小惑星接近とロシアの隕石落下
第3章 そして主役は彗星へ―パンスターズ彗星、現わる
第4章 パンスターズ彗星―華麗なる尾にまつわるストーリー
第5章 天文現象の予測に挑んで
第6章 アイソン彗星がやってくる!
第7章 アイソン彗星を楽しもう

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 巨大彗星 アイソン彗星がやってくる
  • 巨大彗星 アイソン彗星がやってくる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中