ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 承 井上雄彦 pepita2

拡大

  • 承 井上雄彦 pepita2

承 井上雄彦 pepita2

  • ページ数
    203p
  • ISBN
    978-4-8222-6083-5
  • 発売日
    2013年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,900 (税込:2,052

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書はpepitaの第2弾として、自然や歴史、先人たちから「承ったもの、承=創造の糧」を書き下ろしの絵やスケッチ、エッセイなどで綴っていく。また、取材時に出会った「師範たち」との会話や対談風景を収録。古来から繰り返されてきた「遷宮」という営みに秘められた、日本人の根底に流れる「承の心」を解き明かしていく。
目次
著者に聞く 職人、そして「表現」について思うこと
井上雄彦に八の質問
対談 種がこぼれて旅に出る(河合真如・神宮司庁広報室長―神宮の森で自然の理に出会う
千家和比古・出雲大社権宮司―夜から始まる一日がある
藤森照信・建築史家・建築家・工学院大学教授―言葉にできない自然と人の手、交わる微妙なそのところ)
ルポ 遷宮の年、伊勢を訪れて―「お白石持行事に藤森先生と参加する」の巻
鼎談 お白石持行事に向けて―「神様のお住まい」をつくり続けてきた匠に会う

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 15×21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

●本作品は書籍+DVD(計79分)で構成されます
著者による書き下ろしの絵、スケッチ、絵入り写真、エッセイ等で約80ページを構成。約120ページは著者と神宮司庁の河合真如広報室長、出雲大社の千家和比古権宮司、第61回神宮式年遷宮の際に棟梁を務めた宮間熊男棟梁、建築家の藤森照信教授との対談や取材時の写真などで構成する。
DVDは、取材旅行や対談の様子を綴った新進気鋭の女流映画監督・船曳真珠によるドキュメンタリーと、外国人映像ディレクター・ゴンザロ・ロブレドによる映像、作画風景などで構成する。



伊勢神宮奉納画 「承」の縮小版を収録!
著者・井上雄彦が、本書の発行に合わせ長尺の墨絵「承」(幅約180cm、高さ約22cm)を描きます。本書では、この長尺の墨絵「承」を観音開き形式で縮小して収録・掲載します。
※墨絵「承」の原画は、伊勢神宮の式年遷宮に合わせて、神宮に奉納されます。

ページの先頭へ

閉じる

  • 承 井上雄彦 pepita2

拡大

  • 承 井上雄彦 pepita2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中