ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本人よ、このままでいいのか! 学校創立に賭けた憂国の男

  • 日本人よ、このままでいいのか! 学校創立に賭けた憂国の男

日本人よ、このままでいいのか! 学校創立に賭けた憂国の男

  • 大橋繕一郎/著 大橋 繕一郎
    1955年栃木県生まれ。日本大学文理学部独文学科卒業。米国へ放浪の旅に出る。帰国後、地元新聞社に就職。その後、海外旅行雑誌記者、地域社会に密着したタウン誌創刊、大手ホームセンターなどを経て、フリーライターとして現在に至る。月刊誌を中心に教育、流通、環境に加え、旅行、雇用分野などで執筆活動を続けている

  • ページ数
    230p
  • ISBN
    978-4-8174-0765-8
  • 発売日
    2013年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自信をなくした現代人に捧ぐ魂のノンフィクション。西條学校法人自然学園理事長の実践哲学をともに学ぼう!!
目次
1 自然学園を創立する旅(米国へ五〇歳の旅立ち
早過ぎた父親の死
貧しくても心は豊かだった ほか)
2 自然学園とはどんな学校なのか?(一回目の入学式
教員、生徒から見た自然学園)
3 これからの自然学園(育て次世代のリーダーたち!)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本人よ、このままでいいのか! 学校創立に賭けた憂国の男
  • 日本人よ、このままでいいのか! 学校創立に賭けた憂国の男

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中