ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • イギリス式おとな旅の流儀

  • イギリス式おとな旅の流儀

ポイント倍率

イギリス式おとな旅の流儀

  • 井形慶子/著 井形 慶子
    長崎県に生まれる。大学在学中から出版社でインテリア雑誌の編集に携わる。28歳で独立、出版社を興し、イギリスの暮らしをテーマにした情報誌『ミスター・パートナー』を創刊する。出版社経営の傍ら、イギリスについてのエッセイを執筆。社団法人日本外国特派員協会会員。ザ・ナショナル・トラストブランド顧問

  • ページ数
    111p
  • ISBN
    978-4-584-13513-6
  • 発売日
    2013年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,580 (税込:1,706

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 英国の田舎、世界遺産の孤島、シルクロード、シベリアで古書を探し、手料理に涙し、精霊に出会う…英国生活情報誌の編集長が50代でつかんだ、「自分のしたいこと」に近づく旅。生き方が変わる旅エッセイ。
目次
1 イギリスの古い暮らしをもっと知る旅(古本とアンティークを探す―Hay‐on‐Wye‐ヘイ・オン・ワイ(ウェールズ)
毎朝雑穀スコーンを焼く宿―Lisburn‐リズバーン(北アイルランド)
スピリチュアルの聖地へ―Glastonbury‐グラストンベリー(イングランド)
セント・キルダ、すべての魂が戻る島―St.Kilda‐セント・キルダ群島(スコットランド))
2 悠久のシルクロードを行く(砂漠のオアシス―敦煌‐トンコウ(中国)
混じり合う民族―吐魯番・烏魯木斉‐トルファン・ウルムチ(中国))
3 生涯に一度は訪れたい場所へ(憎しみを捨て、悪の始まりを知る場所―Auschwitz‐アウシュヴィッツ(ポーランド)
帝政ロシアとソビエトをたどる―Vladivostok‐Khabarovsk‐ウラジオストク・ハバロフスク(ロシア))

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • イギリス式おとな旅の流儀
  • イギリス式おとな旅の流儀

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中