ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 先生、大型野獣がキャンパスに侵入しました!

  • 先生、大型野獣がキャンパスに侵入しました!

先生、大型野獣がキャンパスに侵入しました!

  • 小林朋道/著 1958年岡山県生まれ。岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。岡山県で高等学校に勤務後、2001年鳥取環境大学講師、2005年教授。専門は動物行動学、人間比較行動学。これまで、ヒトも含めた哺乳類、鳥類、両生類、爬虫類、魚類などの行動を、動物の生存や繁殖にどのように役立つかという視点から調べてきた。現在は、ヒトと自然の精神的なつながりについての研究や、水辺や森の絶滅危惧動物の保全活動に取り組んでいる。

  • シリーズ名
    鳥取環境大学の森の人間動物行動学
  • ページ数
    235p
  • ISBN
    978-4-8067-1458-3
  • 発売日
    2013年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 捕食者の巣穴の出入り口で暮らすトカゲ、猛暑のなかで子育てするヒバリ、アシナガバチをめぐる妻との攻防…。自然豊かな小さな大学を舞台に起こる動物と人間をめぐる事件を、人間動物行動学の視点で描くシリーズ第7弾。
目次
はじめに 学生たちが守ったヒバリの巣~少し過保護すぎたところもあったけどこのハチは、もう家族の一員だ!~セグロアシナガバチと過ごした8カ月シマリスはヘビのニオイを体につけてヒグマを追い払う~1冊の写真集によって息をふき返した研究ヤギの放牧場のイイオ池で育った絶滅危惧種のアカガエルたち~雪のなかの産卵から旅立ちまで、いろんなことが起こるんだよねー大学のヘラジカ林に棲む動物たち~捕食者の巣穴の出入り口で暮らすトカゲの話芦津モモンガプロジェクト、NOW~心あたたまるメールをありがとうございますヤギはイモムシを食べる隠れ肉食類か?~逝ってしまったヤギコの思い出

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 先生、大型野獣がキャンパスに侵入しました!
  • 先生、大型野獣がキャンパスに侵入しました!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中