ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 価値と真実 ハンガリー法思想史1888-1979年

  • 価値と真実 ハンガリー法思想史1888-1979年

価値と真実 ハンガリー法思想史1888-1979年

  • 三苫民雄/著 三苫 民雄
    1958年11月18日生まれ。現在、愛知産業大学短期大学教授・社会学博士

  • シリーズ名
    SBC法科大学院教養シリーズ 20
  • ページ数
    190p
  • ISBN
    978-4-434-17871-9
  • 発売日
    2013年05月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 内容:ハンガリー法哲学派 . デュルケーム=ショック . ピクレルの社会理論 . 実証主義と倫理
目次
第1章 ハンガリー法学派―プルスキからビボーまで(「ハンガリー法哲学派」
東西冷戦 ほか)
第2章 デュルケーム=ショック―ヤーシ、ピクレル、ショムロー(パリからの手紙―デュルケームという衝撃
社会学と客体化の問題 ほか)
第3章 ピクレルの社会理論―19‐20世紀転換期におけるブダペスト思想界の一断面(論争
ピクレル・ジュラの思想―著作紹介を中心に ほか)
第4章 実証主義と倫理―ショムロー・ボードグ(世紀転換期の社会学的実証主義―ハーバート・スペンサーにおける社会有機体説と個人主義
プルスキ・アーゴシュトの社会=国家学説 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 価値と真実 ハンガリー法思想史1888-1979年
  • 価値と真実 ハンガリー法思想史1888-1979年

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中