ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マリ近現代史

  • マリ近現代史

マリ近現代史

  • 内藤陽介/著 内藤 陽介
    1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。日本文藝家協会会員。フジインターナショナルミント株式会社顧問。切手などの郵便資料から、国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し、活発な研究・著作活動を続けている

  • ページ数
    168p
  • ISBN
    978-4-7791-1888-3
  • 発売日
    2013年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アルジェリア人質事件の背景、マリはアフリカの“アフガン”になるか?ヴィジュアル満載の初の本格的通史。
目次
第1章 幻の黄金都市―トンブクトゥ
第2章 フランス植民地の時代
第3章 モディボ・ケイタとマリ共和国の独立
第4章 ムーサ・トレオレの独裁軍事政権
第5章 民主化の20年
第6章 2012年北部紛争後のマリ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • マリ近現代史
  • マリ近現代史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中