ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マグダラのマリア ゴルゴタの聖女

  • マグダラのマリア ゴルゴタの聖女

マグダラのマリア ゴルゴタの聖女

  • 伊藤飛鳥/著 伊藤 飛鳥
    1965年生まれ。キリスト教評論家。日本ペンクラブ正会員。日本作家クラブ正会員。

  • ページ数
    83p
  • ISBN
    978-4-8174-0755-9
  • 発売日
    2013年04月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 弾圧を受けてまでも、信念を貫き通してきたキリスト教徒のもつ宗教的根拠とは何か。そしてその先に存在する光とは何か。私のゴルゴタ論は、キリスト教芸術家ドストイエフスキィーとベートーベンをベースに探究したものである。
目次
1 私は私のイエス像を著者を通して提示してきた
2 キリスト教的絶対愛とは何か
3 イエスはみずから人類すべての原罪を背負い、十字架を背負った
4 マグダラのマリアを愛することでイエスは原罪の重さを実感した
5 マグダラのマリアは人類の代表である
6 「神の愛」「イエスの愛」「マグダラのマリアの愛」―三つの十字架が輝きを放つ
7 マグダラのマリアはイエスの復活を目撃した
8 イエスがキリストになったとき、マグダラのマリアがいた
9 マグダラのマリアは愛の象徴になった
27 私はなぜキリスト教を信じるのか
解説「マグダラのマリア」を読んで 国際ディベート学会会長 松本道弘〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • マグダラのマリア ゴルゴタの聖女
  • マグダラのマリア ゴルゴタの聖女

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中