ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 原子力と冷戦 日本とアジアの原発導入

  • 原子力と冷戦 日本とアジアの原発導入

原子力と冷戦 日本とアジアの原発導入

  • 加藤哲郎/編 井川充雄/編 加藤 哲郎
    東京大学法学部卒。現在、早稲田大学大学院政治学研究科客員教授、一橋大学名誉教授。政治学専攻

    井川 充雄
    一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。現在、立教大学社会学部教授。メディア史専攻

  • ページ数
    269p
  • ISBN
    978-4-7634-0659-0
  • 発売日
    2013年03月

2,500 (税込:2,700

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • その威力と残酷さにおののきながらも、世界中が「原子力」に夢を抱いた20世紀。原水爆禁止の国民運動と「平和利用への熱狂」はなぜ同時並行で出発し長く共存したのか?21世紀に入って原発開発の中心はアジアへと移動し、「フクシマの悲劇」にもかかわらず日本主導の「原発ブーム」が続いている。日本とアジアへの原発導入を、東西冷戦の歴史的文脈の中で、第一次資料・現地資料を用いて実証的に検証する。
目次
第1部 日本の原発導入と冷戦の歴史的文脈(日本における「原子力の平和利用」の出発―原発導入期における中曽根康弘の攻略と役割
アイゼンハワー政権期におけるアメリカ民間企業の原子力発電事業への参入
戦後日本の原子力に関する世論調査
広島における「平和」理念の形成と「平和利用」の是認
封印されたビキニ水爆被災)
第2部 原発導入とアジアの冷戦(ソ連版「平和のための原子」の展開と「東側」諸国、そして中国
南北朝鮮の原子力開発―分断と冷戦のあいだで
フィリピンの原子力発電所構想と米比関係―ホワイト・エレファントの創造
冷戦下インドの核政策―「第三の道」の理想と現実)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 原子力と冷戦 日本とアジアの原発導入
  • 原子力と冷戦 日本とアジアの原発導入

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中