ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 被災地復興で本当にあった忘れてはいけない話

  • 被災地復興で本当にあった忘れてはいけない話

被災地復興で本当にあった忘れてはいけない話

夏文庫キャンペーン対象商品(2017年7月1日~)

  • シリーズ名
    文庫ぎんが堂 い4-2
  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-7816-7085-0
  • 発売日
    2013年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

571 (税込:617

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2011年3月11日に東北を襲った東日本大震災。あれから2年弱を経た今もなお、厳しい現実が立ちはだかっている。そんな中、復興に向け、少しずつだが、人々は新たな一歩を踏み出し始めている。再開した飲食店。新たな人間関係や、新名物の誕生。失ったものは多いが、新たに生まれ育まれたものもある。それぞれの形で、未来に向けて歩き出した人々。その姿を通して、被災地の飾らない現実が見えてくる。希望の物語30話。
目次
第1章 復興の途上で生まれた新たな「生きる道」(「立ち上がり、一歩踏み出せたよ」気仙沼のご当地アイドルが笑顔と元気を産地直送
「関わった人たちがステップアップできるプラットホーム」を目指すおらが大槌夢広場の復興食堂 ほか)
第2章 震災で深まった家族の絆 仲間との結束(「家族かどうかは関係なかった」ほとんど支援物資が来なかった普代村の「阿吽の呼吸」の支え合い
「ココは仮説のオヤジたちの遊び場です」野田村の流されたクロマツから新名物“たつ・のだ”が生まれた ほか)
第3章 苦境を乗り越えてもう一度立ち上がった店や企業(「ガレキだらけの石巻の街にウナギのいい匂いを漂わせたい」食で住民を元気づけた老舗料理店
「築きましょう愛するこの町を肩寄せ合って越す夜に灯す月明かり」吉里吉里の「ともしび」という名のカフェ ほか)
第4章 被災者が生きるうえでなくてはならないもの(「祭りは損得がなくて、元気が出る。それがカラ元気でもいいんだよ」震災直後に開催を決めた野田村復興祭
「歳をとったら住みたくなる“気仙沼モデル”を」高齢者医療介護の理想の街作りに奮闘する医師たちの夢 ほか)
第5章 再開した観光施設が新たな人を呼び込む(石巻を勇気づけるヒーローが大集合「無限の可能性を持つ萬画館だからこそできることがあるはず」
ゴマフアザラシの赤ちゃんの名前は「きぼう」いわき市のアクアマリンふくしまスタッフたちの願いをこめて ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 被災地復興で本当にあった忘れてはいけない話
  • 被災地復興で本当にあった忘れてはいけない話

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中