ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • だれがタブーをつくるのか 原発広告・報道を通して日本人の良心を問う

  • だれがタブーをつくるのか 原発広告・報道を通して日本人の良心を問う

ポイント倍率

だれがタブーをつくるのか 原発広告・報道を通して日本人の良心を問う

  • 鈴木邦男/著 本間龍/著 鈴木 邦男
    政治活動家。「一水会」顧問。1943年、福島県に生まれる。早稲田大学政治経済学部在学中に民族派学生組織「全国学生自治体連絡協議会」の初代委員長を務める。卒業後、産経新聞社に勤務。三島由紀夫の「楯の会」事件に大きな影響を受け、1972年に新右翼団体「一水会」を結成し政治活動をはじめる。1999年に代表を退き、顧問に就任。言論の自由を守ることを信条とし、著述のほか、予備校講師、プロレス評論など、多彩な分野で活動している

    本間 龍
    著述家。1962年、東京都に生まれる。1989年、博報堂に中途入社し、その後約18年間、一貫して営業を担当する。北陸支社勤務時代は、北陸地域トップ企業の売り上げを6倍にした実績をもつ。2006年、同社退職後に知人に対する詐欺容疑で逮捕・有罪となり、栃木県の黒羽刑務所に1年間服役。出所後、服役を通じて日本の刑務所のシステムや司法行政に関する疑問をもち、調査・研究を始める。また、それを生かして講演や著述、テレビ出演など、幅広く活動している

  • ページ数
    197p
  • ISBN
    978-4-7505-1302-7
  • 発売日
    2013年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 原発を代表とするさまざまなタブーを作り上げ、さらに責任の所在を曖昧にしてきたのは、実は私たち自身なのではないか。
目次
第1章 『電通と原発報道』後日談(博報堂からの電話
広告業界の反応 ほか)
第2章 広告代理店の良心を問う(広告会社に責任はないのか
原発広告をどう考えていたのか ほか)
第3章 良心より愛社精神なのか(ゴーン社長の一言で
戦争責任と同じ ほか)
第4章 伝えないマスメディア、言論を封殺するネット(若松監督の次回作テーマは「原発」だった
東京新聞はなぜ突出できたのか ほか)
第5章 群れるから弱くなる(右翼にとっての原発
「一人」が強い ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • だれがタブーをつくるのか 原発広告・報道を通して日本人の良心を問う
  • だれがタブーをつくるのか 原発広告・報道を通して日本人の良心を問う

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中