ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本人の生き方 「教育勅語」と日本の道徳思想

  • 日本人の生き方 「教育勅語」と日本の道徳思想

日本人の生き方 「教育勅語」と日本の道徳思想

  • 坂本保富/著 坂本 保富
    昭和22年(1947)6月25日、栃木県上三川町に生まれる。昭和53年(1978)3月、東京教育大学大学院博士課程修了(専門は教育思想史、教育文化史)。信州大学教授。全国各地の大学、都道府県・市町村の歴史博物館や教育委員会、学校やPTA、病院や企業などでの講演多数。長年の研究的半生で培った独自の思想(人間論、教育論、歴史論)を展開している。著書に『幕末洋学教育史研究』(高知市民図書館、平成十六年度の高知県出版文化賞を受賞)など

  • ページ数
    284p
  • ISBN
    978-4-434-17538-1
  • 発売日
    2013年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,429 (税込:1,543

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本人は、これまでをいかに生きて来たのか、今をいかに生きているのか、そして、これからをいかに生きるべきなのか。本書は、江戸時代から現代に至る日本人の生き方を、「教育勅語」を基軸とする道徳思想の視座から吟味し、これからをいかに生きるかを問う問題提起の書。
目次
序文 生きる指針としての道徳の意味
第1章 道徳の意味と東洋の道徳思想
第2章 「教育勅語」が誕生する前の日本の道徳思想
第3章 「教育勅語」が誕生する時代状況と出生の秘密
第4章 「教育勅語」の誕生とその意味
第5章 「教育勅語」の解釈と教えられ方の変遷
第6章 新聞・雑誌は「教育勅語」の誕生をいかに報じたか
第7章 昭和の敗戦と「教育勅語」の排除
第8章 戦後日本における民主主義教育の根本問題
第9章 思想のたどる運命と思想を理解する視座
結語 「教育勅語」なき今後の日本人の生き方は

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本人の生き方 「教育勅語」と日本の道徳思想
  • 日本人の生き方 「教育勅語」と日本の道徳思想

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中