ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子どもが自分で伸びていく6つの習慣 9歳までの「しつけ」の基本

  • 子どもが自分で伸びていく6つの習慣 9歳までの「しつけ」の基本

ポイント倍率

子どもが自分で伸びていく6つの習慣 9歳までの「しつけ」の基本

  • 八田哲夫/著 八田 哲夫
    株式会社日本経営教育研究所取締役。1966年横浜生まれ。日本体育大学体育学部体育学科卒業後、1989年に幼児活動研究会株式会社に入社。東京・横浜・札幌で計15年間、全国の幼稚園や保育園にて体育指導を行う。その後、体育指導はもちろんのこと、子育て支援、園内研修、保護者講演・セミナーを実施。YYプロジェクトも全国展開中

  • シリーズ名
    経済界新書 034
  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-7667-2044-0
  • 発売日
    2013年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

800 (税込:864

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かけっこが遅い、勉強ができない子どもの育て方。「うまく」「早く」「人に比べて」は関係なし。「やればできる」という気持ちを植えつけて、自分で自分なりにできるようにしよう。3つ…5つ…9つ、「つ」のつく歳までなら、この本で変わります。
目次
1章 理屈ぬきでまず始める大切な六つのこと―子供の自立が「しつけ」の基本(「こうあるべき親」になんかならなくていい
手を出す親が甘える子をつくり出す ほか)
2章 読み書き計算という「運動神経」を鍛える―子供の可能性は「動かす」ことで開く(本能通りに動けない子供が増えている
一日に一万歩は最低の目安 ほか)
3章 親子の「曲がり角」を自信を持って進む―四つの「たがる」でコントロールしよう(揺れから早く立ち戻る
子供を伸ばす四つの「たがる」 ほか)
4章 人生を支える「柱」を心に高くうち立てる―学生、社会人へと巣立つステップ(子供にマイナスの言葉をためさせない
励ますことは甘い言葉をかけることではない ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 子どもが自分で伸びていく6つの習慣 9歳までの「しつけ」の基本
  • 子どもが自分で伸びていく6つの習慣 9歳までの「しつけ」の基本

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中