ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マンガで学ぶ生命倫理 わたしたちに課せられた「いのち」の宿題

  • マンガで学ぶ生命倫理 わたしたちに課せられた「いのち」の宿題

マンガで学ぶ生命倫理 わたしたちに課せられた「いのち」の宿題

  • 児玉聡/著 なつたか/マンガ 児玉 聡
    1974年大阪府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。東京大学大学院医学系研究科専任講師を経て、京都大学大学院文学研究科准教授。専門は、倫理学、生命倫理学、政治哲学

    なつたか
    京都精華大学マンガ学科卒業。関西圏を中心に実用書やパンフレットのマンガを描いている

  • ページ数
    145p
  • ISBN
    978-4-7598-1542-9
  • 発売日
    2013年02月

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 一人の女子高校生が「いのち」をめぐる体験をしながら成長していくマンガと,ポイントと論点をまとめた解説を組み合わせた入門書。
目次
1章 生殖医療「姉の三人目の子ども」―生殖補助医療はどこまで使ってよいのか?
2章 がん告知とインフォームド・コンセント「祖父のお見舞い」―患者に本当のことを伝えるべきか、嘘をつくべきか?
3章 中絶と胎児の権利「同級生の妊娠」―中絶は「殺人」なのか?
4章 能力・肉体の改造(エンハンスメント)「試験勉強中の誘惑」―薬を用いて能力を高めることは許されるか?
5章 終末期医療と安楽死「父の葛藤」―安楽死は許されるのか?
6章 生体臓器移植「優介の告白」―家族に負担をかける生体臓器移植は正しいのか?
7章 クローン技術「ペットは二代目」―「クローン人間」をつくることは許されるか?
8章 ES細胞とiPS細胞「ケヴィンの弟」―幹細胞研究は人間の未来をどう変えるか?
9章 寿命と永遠の命「加奈美の不安と願い」―永遠に生きられるのは望ましいことか?
10章 脳死と臓器移植「あいつが来ない日」―脳死は人の死なのか?

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • マンガで学ぶ生命倫理 わたしたちに課せられた「いのち」の宿題
  • マンガで学ぶ生命倫理 わたしたちに課せられた「いのち」の宿題

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中