ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 近現代における茶の湯家元の研究

  • 近現代における茶の湯家元の研究

近現代における茶の湯家元の研究

  • 廣田吉崇/著 廣田 吉崇
    昭和34年(1959)生まれ。昭和60年(1985)東京大学法学部卒。平成7年(1995)阪神・淡路大震災を機に茶の湯研究をはじめる。平成24年(2012)神戸大学大学院国際文化学研究科文化相関専攻博士課程修了。博士(学術)

  • ページ数
    412p
  • ISBN
    978-4-86330-059-0
  • 発売日
    2012年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 茶の湯などの伝統文化に欠かせない存在である「家元」。このような家元のあり方は、いつの時代にはじまるのか。家元と天皇・皇族との間には、どのような歴史があったのか。本書は、近現代の茶の湯に焦点をあてて、家元が現代の姿に至る歴史的変遷を明らかにする。茶道家、茶の湯研究者、日本近代史家に必携。
目次
序章 茶の湯の歴史における家元の存在
第1章 家元と天皇との距離―献茶にみる家元の社会的地位の変遷
第2章 明治前期の喫茶文化の状況―「貴紳の茶の湯」と“中小流派”
第3章 創られる家元―流派が“家元”を要求する
第4章 第二次世界大戦後における茶の湯イメージの転換―裏千家千宗興の渡米が意味するもの
第5章 千宗旦の出自をめぐる「利休血脈論争」―貴種化する家元
終章 まとめと課題

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 近現代における茶の湯家元の研究
  • 近現代における茶の湯家元の研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中