ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 量子力学入門

  • 量子力学入門

量子力学入門

  • 前野昌弘/著 前野 昌弘
    1985年神戸大学理学部物理学科卒業。1990年大阪大学大学院理学研究科博士後期課程修了。現在琉球大学理学部物質地球科学科准教授。理学博士

  • シリーズ名
    パリティ物理教科書シリーズ
  • ページ数
    192p
  • ISBN
    978-4-621-08620-9
  • 発売日
    2012年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 量子論的世界が、現象に対する直観的理解や古典力学的な取扱いと、いかに異なるかを、わかりやすく解説。なぜ量子力学が必要となり、問題はどう解決されたのか、現代の目で、量子論発展の歴史を見直す。物質も光も波であり粒子であるという二重性の“不思議”から始まって、初学者が疑問に思い、つまずきがちなポイントをていねいに解説している。
目次
1 量子力学の「あらすじ」
2 波動光学と幾何光学
3 エネルギー量子の発見―黒体輻射
4 光の粒子性の確認―光電効果とコンプトン効果
5 ボーアの原子模型
6 物質の波動性
7 不確定性関係
8 波の重ね合わせと不確定性関係
9 シュレーディンガー方程式と波動関数
10 波動関数の収縮と確率解釈
11 波動関数と物理量
12 入門の終わり―井戸型ポテンシャルを例に

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 量子力学入門
  • 量子力学入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中