ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • リスクアセスメント再挑戦のすすめ 2つの関門“危険源特定と評価”での迷走クリアのために

  • リスクアセスメント再挑戦のすすめ 2つの関門“危険源特定と評価”での迷走クリアのために

リスクアセスメント再挑戦のすすめ 2つの関門“危険源特定と評価”での迷走クリアのために

  • ページ数
    146p
  • ISBN
    978-4-89761-393-2
  • 発売日
    2012年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

952 (税込:1,028

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現場でリスクアセスメントが迷走しています。その原因が3つあり、1.指針が示す危険源のチェックリスト作成、リストアップという危険源の特定を軽視したこと、2.リスク評価にツジツマ合わせが横行していること、3.R・KYとリスクアセスメントを混同したことです。方向性が定まらず、リスクアセスメントに絶望している事業場を対象に、今一度挑戦するための方策を示しています。筆者が実際に現場で得た情報を基に解説しています。
目次
第1章 リスクアセスメントの基礎知識
第2章 リスクアセスメントの具体的進め方 その1
第3章 リスクアセスメントの具体的進め方 その2
第4章 作業手順書と記録の作成
第5章 質疑応答
資料

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • リスクアセスメント再挑戦のすすめ 2つの関門“危険源特定と評価”での迷走クリアのために
  • リスクアセスメント再挑戦のすすめ 2つの関門“危険源特定と評価”での迷走クリアのために

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中