ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不正会計 早期発見の視点と実務対応

  • 不正会計 早期発見の視点と実務対応

不正会計 早期発見の視点と実務対応

  • 宇澤亜弓/著 宇澤 亜弓
    公認会計士宇澤事務所代表、公認会計士・公認不正検査士。平成2年3月関西学院大学法学部法律学科卒業。10月公認会計士第二次試験合格後、大手監査法人にて法定監査(商法・証取法)及び株式公開支援業務等に従事。平成7年3月関西学院大学大学院商学研究科会計学専攻修了。平成11年4月警視庁刑事部捜査第二課にて、財務捜査官(警部)として、企業犯罪(特別背任、業務上横領、詐欺等)捜査に従事。平成16年11月証券取引等監視委員会事務局特別調査課にて、証券取引特別調査官、主任証券取引特別調査官、開示特別調査統括官として、主に虚偽記載事案の基礎調査(事案の掘り起し)・本格調査等の犯則調査に従事。平成23年公認会計士宇澤事務所を開設し、市場規律の強化に取り組む市場関係者等への講演、セミナー等を行うとともに、不正会計の予防・早期発見に係るコンサルティング業務及び不正調査、訴訟関連調査等を主たる業務とする。7月最高検察庁金融証券専門委員会参与。平成24年6月一般社団法人日本公認不正検査士協会(ACFE JAPAN)理事

  • ページ数
    556p
  • ISBN
    978-4-433-54612-0
  • 発売日
    2012年09月

4,000 (税込:4,320

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 財務諸表を使った不正発見志向型の新しい視点により不正の未然防止・早期発見をする。
目次
第1部 不正会計―理論と法的枠組み(金融商品取引法の目的
金融商品取引法における開示制度 ほか)
第2部 不正会計―原因と予防(不正会計の発生原因
不正会計の予防)
第3部 不正会計―早期発見とその対応(不正会計の早期発見
早期発見のための視点 ほか)
第4部 不正会計―事例からの検討(犯則事件・刑事事件
課徴金事案)
第5部 不正会計―市場規律の強化への取り組み(上場会社の取り組み
証券取引所の取り組み ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 不正会計 早期発見の視点と実務対応
  • 不正会計 早期発見の視点と実務対応

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中