ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 2100年の科学ライフ

  • 2100年の科学ライフ

2100年の科学ライフ

  • ミチオ・カク/著 斉藤隆央/訳 ミチオ・カク
    ニューヨーク市立大学理論物理学教授。「ひもの場の理論」の創始者の一人。『超空間』(翔泳社)、『サイエンス・インポッシブル』(NHK出版)などの著書がベストセラーになっており、後者をもとに、みずから出演するサイエンス・チャンネルのテレビ番組も制作されている。140局以上のネットワークで放送されるラジオ番組のホストも務める

    斉藤 隆央
    翻訳家。1967年生まれ。東京大学工学部工業化学科卒業

  • ページ数
    471,7p
  • ISBN
    978-4-14-081572-4
  • 発売日
    2012年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • コンピュータ、人工知能、医療、ナノテクノロジー、エネルギー、宇宙旅行…近未来(現在~2030年)、世紀の半ば(2030年~2070年)、遠い未来(2070年~2100年)の各段階で、現在のテクノロジーはどのように発展し、人々の日常生活はいかなる形になるのか。世界屈指の科学者300人以上の取材をもとに物理学者ミチオ・カクが私たちの「未来」を描きだす―。
目次
1 コンピュータの未来―心が物を支配する
2 人工知能の未来―機械の進歩
3 医療の未来―完璧以上
4 ナノテクノロジー―無から万物?
5 エネルギーの未来―恒星からのエネルギー
6 宇宙旅行の未来―星々へ向かって
7 富の未来―勝者と敗者
8 人類の未来―惑星文明
9 二一〇〇年のある日

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:PHYSICS OF THE FUTURE
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 2100年の科学ライフ
  • 2100年の科学ライフ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中