ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 財政支出ゼロで220億円の新庁舎を建てる 豊島区の行財政改革と驚異の資産活用術

  • 財政支出ゼロで220億円の新庁舎を建てる 豊島区の行財政改革と驚異の資産活用術

財政支出ゼロで220億円の新庁舎を建てる 豊島区の行財政改革と驚異の資産活用術

  • 溝口禎三/著 溝口 禎三
    税理士。ふるさと豊島を想う会事務局長。昭和28年、12人兄弟の末子として青森県に生まれる。昭和50年、東京経済大学経済学部卒業。南池袋で溝口税理士事務所を営む。株式会社白青舎社外監査役。東京芸術劇場外部評価委員。池袋の路面電車とまちづくりの会事務局。としま未来文化会議委員

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-8397-0151-2
  • 発売日
    2012年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 行財政改革―新区長、財政再建課長から羽交い締めにあう。まちづくり―街並み再生地区が動き出す。公共資産活用―新庁舎には区民の税金は使わないと宣言する。財政破綻に瀕した自治体の、起死回生のドラマ。
目次
第1章 220億円の環境庁舎を財政支出なしで建設する
第2章 財政危機招来の構造
第3章 財政再建の道のり
第4章 アイデアで新生としまの活路を開く
第5章 苦闘からハッピーサイクルへ
第6章 資産活用による新庁舎整備計画
第7章 新庁舎建設にいたるドラマ
第8章 安全・安心の「自然な社会」を目指して

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 財政支出ゼロで220億円の新庁舎を建てる 豊島区の行財政改革と驚異の資産活用術
  • 財政支出ゼロで220億円の新庁舎を建てる 豊島区の行財政改革と驚異の資産活用術

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中