ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 新しい歴史教育のパラダイムを拓く 徹底分析!加藤公明「考える日本史」授業

  • 新しい歴史教育のパラダイムを拓く 徹底分析!加藤公明「考える日本史」授業

新しい歴史教育のパラダイムを拓く 徹底分析!加藤公明「考える日本史」授業

  • 加藤公明/編 和田悠/編 1950年生まれ東京学芸大学教育学部特任教授〈主な著書〉『わくわく論争!考える日本史授業』地歴社、1991年『考える日本史授業 2 絵画でビデオで大論争!』地歴社、1995年『考える日本史授業 3 平和と民主社会の担い手を育てる歴史教育』地歴社、2007年
    1950年生まれ東京学芸大学教育学部特任教授〈主な著書〉『わくわく論争!考える日本史授業』地歴社、1991年『考える日本史授業 2 絵画でビデオで大論争!』地歴社、1995年『考える日本史授業 3 平和と民主社会の担い手を育てる歴史教育』地歴社、2007年
    1976年生まれ日本学術振興会特別研究員、法政大学キャリアデザイン学部非常勤講師〈主要論著〉「昭和史論争のなかの知識人―遠山茂樹、亀井勝一郎、松田道雄」大門正克編『昭和史論争を問う』日本経済評論社、2006年「1960年代の保育所づくり運動のなかのジェンダー」『歴史評論』722号、2010年6月「ジェンダー視点から戦後保育所づくり運動史を問う―1960年代の大阪府枚方市香里団地を事例に」『日本オーラル・ヒストリー研究』第7号、2011年9月
    1976年生まれ日本学術振興会特別研究員、法政大学キャリアデザイン学部非常勤講師〈主要論著〉「昭和史論争のなかの知識人―遠山茂樹、亀井勝一郎、松田道雄」大門正克編『昭和史論争を問う』日本経済評論社、2006年「1960年代の保育所づくり運動のなかのジェンダー」『歴史評論』722号、2010年6月「ジェンダー視点から戦後保育所づくり運動史を問う―1960年代の大阪府枚方市香里団地を事例に」『日本オーラル・ヒストリー研究』第7号、2011年9月
    加藤 公明(カトウ キミアキ)1950年生まれ。東京学芸大学教育学部、千葉県立薬園台高等学校所属
    和田 悠(ワダ ユウ)1976年生まれ。日本学術振興会特別研究員、法政大学キャリアデザイン学部非常勤講師ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-88527-207-3
  • 発売日
    2012年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 付属資料:DVD-VIDEO/ROM(1枚 12cm)
目次
第1部 戦後歴史学・歴史教育と加藤実践(「戦後歴史教育」の実践について―加藤公明・授業実践を考えるために
「考える日本史」授業の成立―宮原実践と加藤実践のあいだ ほか)
第2部 加藤実践の教育学(加藤実践の基本的特質と評価枠組―仮説設定と討論学習、価値と科学的認識、価値の自由をめぐって
教育方法学からみた加藤実践 ほか)
第3部 教育実践の現場と加藤実践(中学校教師からみた加藤実践
学ぶ意欲を引き出し、学ぶ意味を実感させる討論授業―体験的討論授業論 ほか)
第4部 加藤公明のライフストーリー(歴史教育の諸課題と千葉県の歴史教育活動について―教師のライフヒストリーを通して
わくわく探訪「加藤実践の生まれる現場」―「頑固な問い」から訪ねる教育実践:授業ノートとインタビューを手がかりに)
第5部 加藤実践の現在(歴史を熱く語り合う高校生―徳政一揆の農民たちは有罪か
加藤実践を受け継ぐ)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 教員

ページの先頭へ

閉じる

  • 新しい歴史教育のパラダイムを拓く 徹底分析!加藤公明「考える日本史」授業
  • 新しい歴史教育のパラダイムを拓く 徹底分析!加藤公明「考える日本史」授業

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中