ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか
  • ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

  • ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか
  • ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

ポイント倍率

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

  • ピアーズ・スティール/著 池村千秋/訳 スティール,ピアーズ(Steel,Piers)
    先延ばしとモチベーション研究の第一人者。カナダ・カルガリー大学ビジネススクール教授。ミネソタ大学大学院でビジネスと心理学を研究し、先延ばしをテーマに博士号を取得。彼の研究は、サイコロジー・トゥデー誌やニューヨーカー誌、ニューヨーク・タイムズなど多数のメディアに取り上げられている

    池村 千秋
    翻訳者

  • ページ数
    297,57p
  • ISBN
    978-4-484-12111-6
  • 発売日
    2012年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 脳科学、行動経済学、心理学から「先延ばし研究」を徹底的にメタ分析。原因がわかれば先延ばし癖克服法もわかる。
目次
第1章 先延ばし人間の実像―逃避行動と衝動の関係は
第2章 先延ばしの方程式―行動主義心理学が解き明かすタイプ別症状
第3章 さぼる脳のメカニズム―先延ばしの起源は9000年前だった
第4章 現代社会は誘惑の巣窟―フェイスブック断ちが長続きしないわけ
第5章 私たちが失うもの、悔やむもの―キャリアも財産も健康も危ない
第6章 企業と国家が払う代償―アメリカで1年間に生じる損失は10兆ドル
第7章 自信喪失と自信過剰の最適バランス―「どうせ失敗する」を克服する
第8章 やるべきことに価値を吹き込む―「課題が退屈」を克服する
第9章 現在の衝動と未来のゴールを管理する―「誘惑に勝てない」を克服する
第10章 さあ、先延ばしを克服しよう―必要なのは信じること

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:THE PROCRASTINATION EQUATION
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中