ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 新しい左翼入門 相克の運動史は超えられるか

  • 新しい左翼入門 相克の運動史は超えられるか

ポイント倍率

新しい左翼入門 相克の運動史は超えられるか

  • 松尾匡/著 松尾 匡
    1964年石川県に生まれる。1987年、金沢大学経済学部卒業。1992年、神戸大学大学院経済学研究科博士課程後期課程修了。経済学博士。久留米大学経済学部教授を経て、2008年より立命館大学経済学部教授。現代社会が抱える現実的な問題に強くコミットしつつ、高度な理論性を備えた実力は、学界のみならず近年メディアでも注目されている

  • シリーズ名
    講談社現代新書 2167
  • ページ数
    259p
  • ISBN
    978-4-06-288167-8
  • 発売日
    2012年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

800 (税込:864

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • なぜ理想は対立するのか。荒畑寒村、山川均、大杉栄、丸山眞男等思想史を代表する知識人が、マルクス、レーニン等の影響下、どのように社会活動を議論したのか―。社会を変革しようとした男たちを全く斬新なアプローチでヴィヴィッドに描く痛快社会学。
目次
第1部 「二つの道」の相克史戦前編(キリスト教社会主義対アナルコ・サンジカリズム―明治期
アナ・ボル抗争―大正期
日本共産党結成と福本・山川論争―大正から昭和へ
日本資本主義論争―昭和軍国主義時代
戦前における「下から」の事業的変革路線)
第2部 「二つの道」の相克史戦後編(共産党対社会党左派・総評
ソ連・北朝鮮体制評価の行き違い軌跡
戦後近代主義対文化相対主義―丸山眞男と竹内好)
第3部 「二つの道」の相克を乗り越える(市民の自主的事業の拡大という社会変革路線
「個人」はどのように作られ、世の中を変えるのか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 新しい左翼入門 相克の運動史は超えられるか
  • 新しい左翼入門 相克の運動史は超えられるか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中