ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • あの負けがあってこそ 再起を懸けたアスリート25の軌跡

  • あの負けがあってこそ 再起を懸けたアスリート25の軌跡

あの負けがあってこそ 再起を懸けたアスリート25の軌跡

  • 大元よしき/著 大元 よしき
    1962年東京生まれ。東洋大学卒業。高校時代(保善高校)からラグビーを始め、2、3年時には全国大会出場。大学卒業後も社会人でプレーを続け17年間ラグビーと共に歩む。弓道三段。外資系IT企業のマネージャーからライターに転身。現在、株式会社パッションキッズ代表取締役。NPO法人ヒーローズ理事

  • ページ数
    216p
  • ISBN
    978-4-86310-099-2
  • 発売日
    2012年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,400 (税込:1,512

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あの負けがあってこそ、目指す道がはっきりと見えた。競技人生最大の敗北から立ち上がったトップアスリート25名の復活ストーリー。
目次
1 競う(寺川綾(ミズノスイムチーム)―アテネオリンピック女子背泳ぎ決勝晴れの大舞台で8位
長島圭一郎(日本電産サンキョースケート部)―力不足で出場したトリノ五輪初めて味わったどん底
松下浩二(ヤマト卓球株式会社代表取締役社長)―世界卓球選手権日本0‐5中国 ほか)
2 挑む(谷本歩実(コマツ女子柔道部コーチ)―柔道世界ジュニア選手権決勝ドコスとの初対戦で一本負け
高嶋仁(智弁学園和歌山高校野球部監督)―熱血監督の就任4年目生徒が練習をボイコット
榎本淳平(パナソニックワイルドナイツコーチ)―主将就任2年目の大怪我がチームを変える原動力に ほか)
3 繋ぐ(前田遼一(ジュビロ磐田)―Jリーグナビスコ杯右膝負傷で長期離脱
赤星憲広(元阪神タイガース)―シドニーオリンピック3位決定戦韓国に敗北しメダルに届かず
吉原知子(元全日本女子バレーボール主将)―突然のチーム解雇噛みしめたバレーができる喜び ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • あの負けがあってこそ 再起を懸けたアスリート25の軌跡
  • あの負けがあってこそ 再起を懸けたアスリート25の軌跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中