ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 資源がわかればエネルギー問題が見える 環境と国益をどう両立させるか

  • 資源がわかればエネルギー問題が見える 環境と国益をどう両立させるか

ポイント倍率

資源がわかればエネルギー問題が見える 環境と国益をどう両立させるか

  • 鎌田浩毅/著 鎌田 浩毅
    1955年東京都生まれ。東京大学理学部地学科卒業。通産省(現・経済産業省)を経て97年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学、地球科学、科学コミュニケーション。テレビ、ラジオ、講演会で科学をわかりやすく解説する「科学の伝道師」。京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。日本地質学会論文賞受賞(96年)

  • シリーズ名
    PHP新書 808 地球科学入門 2
  • ページ数
    226,3p
  • ISBN
    978-4-569-80678-5
  • 発売日
    2012年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

740 (税込:799

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 京都大学の超人気講義「地球科学入門」の実況中継第2弾。「自然災害」に続く今回のテーマは、これまた生活に直結する喫緊の課題として注目される「エネルギー資源」。東日本大震災をきっかけに袋小路に陥ったエネルギー政策。地球温暖化を防ぎつつ、安全で安価なクリーンエネルギーを求めるという究極の難題にぶつかった。世界が資源探査や技術開発に積極的に動くなか、「資源弱者」の日本人はいつまで国際情勢に翻弄されつづけなければならないのか?
目次
第1章 資源をめぐって世界は動いている(ウランを利用する原子力発電、続けるために不可欠な条件とは?
世界に遅れた地熱発電に、いま一度力を入れるべき
石油が枯渇するかどうかは、探査投資と省エネで決まる
石炭はいまなお巨大な資源、温暖化に対応できる新技術の道
天然ガスはエネルギーの優等生、技術革新により開発区域が拡大 ほか)
第2章 私たちは地球環境を守れるのか(地球から飛び出して誕生した月は、地球環境を安定させる役割をもっている
太陽と絶妙な距離にある地球が、生命を育む「水惑星」となれた真の理由
「サブシステムの相互作用」で、複雑な地球は解読できる
放射性同位体を用いた年代測定で、地球の歴史に目盛りが入った
38億年前の広大な原始海洋、熱水噴出孔から生命は誕生した ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 資源がわかればエネルギー問題が見える 環境と国益をどう両立させるか
  • 資源がわかればエネルギー問題が見える 環境と国益をどう両立させるか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中