ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 本人・家族・支援者のためのギャンブル依存との向きあい方 一人ひとりにあわせた支援で平穏な暮らしを取り戻す

  • 本人・家族・支援者のためのギャンブル依存との向きあい方 一人ひとりにあわせた支援で平穏な暮らしを取り戻す

本人・家族・支援者のためのギャンブル依存との向きあい方 一人ひとりにあわせた支援で平穏な暮らしを取り戻す

  • ワンデーポート/編 中村努/著 高澤和彦/著 稲村厚/著 中村 努
    1967年生まれ。國學院大学文学部文学科卒業。10代からギャンブルにはまりはじめ、29歳のときにギャンブルをやめ、32歳のときワンデーポートを立ち上げる。NPO法人ワンデーポート理事、兼施設長

    高澤 和彦
    1963年生まれ。明治学院大学社会学部社会福祉学科卒業。埼玉県立精神医療センターなどに勤務後、浦和まはろ相談室開業。精神保健福祉士。依存の問題の支援に携わる人たちの勉強会代表。東京都立精神保健福祉センター薬物相談事業事例検討会助言者など

    稲村 厚
    1959年生まれ。日本大学法学部卒業。南山大学人間文化研究科教育ファシリテーション専攻修了。司法書士国家試験合格。川崎市多摩区にて開業。現在、認定NPO法人ワンデーポート理事長ほか

  • ページ数
    268p
  • ISBN
    978-4-7503-3599-5
  • 発売日
    2012年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ギャンブルの問題を、「ギャンブル依存症」と一律にとらえるのはやめませんか?ギャンブルの問題を抱えている人の数だけ、さまざまな背景があります。その背景を明確にして、一人ひとりにあった支援を組み立てる必要があります。こうした考えを理解してもらうことがこの本の目的です。
目次
第1章 ギャンブル“依存”にもいろいろなタイプがある―「依存症」アプローチ一辺倒では平穏な暮らしは取り戻せない(すべて同じ「ギャンブル依存症」?
ギャンブルの問題を起こすまでの背景は人それぞれ
「ちょうどよい生活」までの道筋)
第2章 私もかつてギャンブルにはまっていた―回復施設「ワンデーポート」のこれまでと支援(借金、窃盗、失踪…どん底からはいあがるまで
発達障害との出会いで支援を見直す
ワンデーポートでの暮らしで何か変わるか
ネットワークの必要性と、ネットワークの力)
第3章 家族はいったい何をどうすればいい?―本人理解を踏まえた対応の工夫(これまでの家族支援は何が問題だったのか
家族相談のすすめ方
家族への具体的な支援―介入のポイント
本人への具体的な支援―介入に「底つき」は必要ない
相談から、見立て、介入までの実際
人に寄り添い、生活に寄り添う)
第4章 借金にはどう対処すればいいのか―家族が知っておきたい重要なポイント(家族は借金返済の手助けをしてはいけない
あせって債務整理をする必要なんてない
借金からの開放は自分自身を見つめるチャンス)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 本人・家族・支援者のためのギャンブル依存との向きあい方 一人ひとりにあわせた支援で平穏な暮らしを取り戻す
  • 本人・家族・支援者のためのギャンブル依存との向きあい方 一人ひとりにあわせた支援で平穏な暮らしを取り戻す

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中