ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 優しさのゆくえ

  • 優しさのゆくえ

優しさのゆくえ

  • 花輪莞爾/著 花輪 莞爾
    作家・翻訳家。1936年東京生まれ。1960年東京大学文学部卒業。1965年同大学院博士課程修了。國學院大學名誉教授。フランス世紀末文学、とくにアルチュール・ランボーを研究。1971年、「渋面の祭」「触れられた闇」が芥川賞候補作品となり、小説集『ガラスの夏』(角川書店)を刊行

  • ページ数
    92p
  • ISBN
    978-4-8397-0148-2
  • 発売日
    2012年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

900 (税込:972

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 若くして辛い聴力手術をうけながらも明るく賢い結婚生活をいとなみ、穏やかな老境に入る矢先、またも生死をわける大病と闘っている、昭和の優しい一女性のゆくえ…フランス世紀末文学の研究者であり、「悪夢」小説を世に問い続けた小説家として芥川賞候補にも選ばれた著者が、愛するひとを語る「最悪夢」の自伝小説。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 優しさのゆくえ
  • 優しさのゆくえ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中