ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 空とぶ鉢 国宝信貴山縁起絵巻より

  • 空とぶ鉢 国宝信貴山縁起絵巻より

ポイント倍率

空とぶ鉢 国宝信貴山縁起絵巻より

  • 寮美千子/文 寮 美千子
    1955年、東京に生まれ、千葉に育つ。県立千葉高校卒業。中央大学中退。外務省勤務を経て、広告コピーライターとなる。1986年、毎日童話新人賞を受賞、作家活動に入る。詩、絵本、幼年童話、小説、ノンフィクションなど、幅広く活躍。天文、自然科学、先住民文化など、守備範囲も広い。2005年、小説『楽園の鳥―カルカッタ幻想曲』(講談社、装丁・平野湟太郎)で泉鏡花文学賞を受賞。翌年、憧れの古都・奈良に転居。2007年より、奈良少年刑務所の社会性涵養プログラム講師として、月1回の授業を受け持つ

  • シリーズ名
    やまと絵本
  • ISBN
    978-4-86095-491-8
  • 発売日
    2012年05月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 【対象】 
     
    小学低~中学年

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22×22cm
対象年齢 小学低~中学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

信貴山縁起絵巻の中の、山崎長者の巻を絵本にした作品。絵は全て絵巻から構成されています。山崎長者と呼ばれる長者は、貧乏な頃から熱心にお布施をしていたのですが、だんだんと慢心からか、お布施をしなくなってしまったのです。偉いお坊さん命蓮さんは托鉢の鉢を飛ばす術でお布施をもらっていたのですが、その鉢を長者が倉にしまっての騒動。お布施の大切さが伝わってくる、一種の説法風の物語です。鉢や倉、米俵が飛ぶ奇想天外な光景、人々の表情などが生き生きと活写されていてびっくりです。まさしく絵が物語る「絵本」そのものだと感じました。寮美千子さんが添えてくださった文章も見事です。絵巻をじっくり味わってほしいです。(レイラさん 40代・兵庫県川西市 男の子19歳、男の子17歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 空とぶ鉢 国宝信貴山縁起絵巻より
  • 空とぶ鉢 国宝信貴山縁起絵巻より

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中