ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大切ないつもの暮らし―田中由美子写真集

  • 大切ないつもの暮らし―田中由美子写真集

大切ないつもの暮らし―田中由美子写真集

  • 田中由美子/著 田中 由美子
    1968年長崎県諌早市生まれ。1991年熊本女子大学卒業(現在の熊本県立大学)。1991‐1999年東芝エンジニアリング株式会社勤務。1999年渡米(ニューヨーク)。2000‐2005年ニューヨーク・比嘉良治ワークショップ受講。2004年ニューヨーク・栗田紘一郎ワークショップ受講。2006年帰国。2008‐2009年TPOフォトスクール本科ゼミ第18期修了。2009‐2012年株式会社冬青社勤務。2010‐2012年普後均ワークショップ受講

  • ページ数
    57p
  • ISBN
    978-4-88773-130-1
  • 発売日
    2012年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2011年3月11日、あの地震は起こりました。私は職場(東京都中野区)のギャラリーの受付に座っていました。窓からは午後の穏やかな日の光が差し込み、数名のお客様が来廊されていて、それまでは平穏な時間が流れていました。午後2時46分、ぐらぐらと地震が起こり、最初は、たまにあるような軽い地震かと思っていましたが、揺れが強くなり、しかも長い時間揺れて、書籍スペースに置かれた本の一部が飛び出して床に散乱し、私は外に逃げるべきかどうか考えながらも、何もできず立ち尽くしている間に、最初の強く長い地震は収まりました。その後も余震が続き、電車は止まり私は帰宅困難となり、翌日やっとの思いで自宅(神奈川県川崎市)に辿り着きました。ニュースで被災地の惨状を知りあまりの酷さに驚愕し、福島第一原子力発電所の事故に言葉を無くしました。スーパーからは食料品や水が無くなり、電力不足による計画停電が始まりました。ついさっきまで平穏に暮らしていたのに、一瞬にして、本当に一瞬にして、多くの人が普通の暮らしを無くしてしまいました。いとも簡単に。被災地の方々の状況は、これとは比べ物にならない、言葉では言い尽くせないほど過酷なものだと思います。この東日本大震災をきっかけに、普通に過ごせることの大切さを一段と強く感じるようになりました。

    (著者あとがきより抜粋)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21×24cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 大切ないつもの暮らし―田中由美子写真集
  • 大切ないつもの暮らし―田中由美子写真集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中