ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • バイオマス本当の話 持続可能な社会に向けて

  • バイオマス本当の話 持続可能な社会に向けて

ポイント倍率

バイオマス本当の話 持続可能な社会に向けて

  • 泊みゆき/著 泊 みゆき
    NPO法人「バイオマス産業社会ネットワーク」理事長。京都府京丹後市出身。日本大学大学院国際関係研究科修了。(株)富士総合研究所で10年以上、環境問題、社会問題についてのリサーチに携わる。2001年退職。1999年、「バイオマス産業社会ネットワーク」を設立、共同代表に就任。2004年、NPO法人取得にともない、理事長に就任。経済産業省バイオ燃料持続可能性研究会委員、総務省バイオマスの利活用に関する政策評価に係る研究会委員、森林総合研究所外部評価委員、静岡大学農学部非常勤講師ほか

  • ページ数
    177p
  • ISBN
    978-4-8067-1435-4
  • 発売日
    2012年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界でも日本でも、最も多く使われている再生可能エネルギーであるバイオマス(生物由来の有機資源)。日本は今後、バイオマスをどう利用すべきか―長年、独立した立場で本テーマの調査研究、政策提言をしてきた著者が示す、バイオマスの適切な利用と持続可能な社会への道筋。
目次
第1章 バイオマスの基礎知識(再生可能エネルギーの雄、バイオマス
フィリピンのエタノール事業―なぜ反対運動が起きたか
よいバイオマス、悪いバイオマス ほか)
第2章 バイオマスの持続可能性(石油より環境に悪いバイオ燃料
バイオ燃料の持続可能性基準
ランドラッシュ(農地収奪) ほか)
第3章 日本でどう利用するか(バイオマスで原子力の代替は可能か?
全量買取制度(FIT)、活かすも殺すも制度設計次第
無駄になった一〇〇〇億円?なぜ日本のバイオマス政策は迷走したか ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • バイオマス本当の話 持続可能な社会に向けて
  • バイオマス本当の話 持続可能な社会に向けて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中