ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 新ダンスの窓から かわるもの・かわらないもの

  • 新ダンスの窓から かわるもの・かわらないもの

新ダンスの窓から かわるもの・かわらないもの

  • 日下四郎/著 日下 四郎
    1930年京都市に生れる。本名:鵜飼宏明。1949年旧制三高文科丙類修了。1953年東京大学文学部ドイツ文学科卒業、株式会社東京放送入社、ラジオ東京(JOKR)文芸部。1958年テレビ製作局(KRT)へ移動。1976年TBS報道局報道制作部長。1977年「ダンス・シアター・キュービック」設立。以後13年間にわたる年次公演の台本・演出を担当。1979年TBSを退社、フリーランス活動。1991~97年淑徳短期大学非常勤講師

  • ページ数
    205p
  • ISBN
    978-4-87286-132-7
  • 発売日
    2012年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 舞踊界の異才が“ダンスの眼”を通して文化、芸術、日常を鋭く抉るサイトエッセイ集。シリーズ第三弾。
目次
ダンスと歴史(日本文化が成熟するとき
日本の現代舞踊はどこから来たか ほか)
ダンスと社会(プリオヴィユ×BALLET‐NOAH「紙のヒコーキ」
ジル・ジョバン「Text to Speech」の社会性 ほか)
ダンスと演劇(IDTFに観るダンスと演劇の関係
これはもう立派なコンテンポラリー・ダンス ほか)
ダンスと批評(コンテンポラリーという名の猥雑性
「DADA10」青山ダンシング・スクエア ほか)
ダンスと人生(われ踊るゆえにわれ在り―salto ergo sum
三輝容子追悼の記―汚れを嫌いひたむきに生き続けた ほか)
ダンスと現在(コンテンポラリーダンスとは単にUPDATEな踊りのテクニックをいうのではない
振付がみせた新鮮な今日的感性の「幻森林」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 新ダンスの窓から かわるもの・かわらないもの
  • 新ダンスの窓から かわるもの・かわらないもの

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中