ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 系統看護学講座 別巻〔12〕

  • 系統看護学講座 別巻〔12〕

ポイント倍率

系統看護学講座 別巻〔12〕

  • 巻の書名
    看護情報学
  • 巻の著者名
    中山和弘/著者代表
  • ページ数
    348p
  • ISBN
    978-4-260-01360-4
  • 発売日
    2012年02月

2,500 (税込:2,700

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 看護の基礎教育として学ぶべき「情報」に関する知識を包括的にまとめたテキスト。第1部は、情報に関する基礎知識を看護につながるものとして学習しなおせる内容。第2部では、電子カルテなどの病院情報システムを例示し、保健医療・看護の現場で取り扱われる情報を学習する。第3部では、情報を取り扱ううえで必要な倫理や患者の権利について学ぶ。第4部では、情報収集や文字・統計情報の整理・発表などを演習的に学習できる。
目次
●第1部 情報と情報化社会
第1章 情報の定義と特徴 (中山和弘)
第2章 情報化社会 (瀬戸山陽子)

●第2部 保健医療における情報
第3章 保健医療と情報 (中山和弘)
第4章 看護と情報 (中山和弘)
第5章 医療における情報システム (藤井徹也・篠崎惠美子・会田敬志)

●第3部 情報と倫理
第6章 情報倫理と医療倫理 (高木晴良)
第7章 患者の権利と情報 (高木晴良)
第8章 個人情報の保護 (戸ヶ里泰典)
第9章 コンピュータ-リテラシーとセキュリティ (高木晴良)

●第4部 情報処理
第10章 既存の情報の収集方法 (中山和弘)
第11章 調査によるデータ収集方法 (会田敬志)
第12章 Excelによる統計解析 (高木晴良)
第13章 文字情報の整理 (戸ヶ里泰典)
第14章 情報の発表とコミュニケーション (高木晴良・中山和弘)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 系統看護学講座 別巻〔12〕
  • 系統看護学講座 別巻〔12〕

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中