ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 還りなき旅路にて 本田成親旅歌随想集

  • 還りなき旅路にて 本田成親旅歌随想集

還りなき旅路にて 本田成親旅歌随想集

  • 本田成親/著 本田 成親
    1942年、横浜に生まれ鹿児島で育つ。大学での研究生活を経て文筆家となる。1997年「佐分利谷の奇遇」で第2回奥の細道文学賞受賞。評論、紀行、随筆、詩、短歌、ノンフィクション、小説とその仕事の範囲は多岐にわたり、執筆対象領域も数理科学分野から文芸・文学分野にまで及ぶ

    渡辺 淳
    1931年生まれ。画家。福井県大飯町で育ち、炭焼きや郵便配達の仕事のかたわら創作活動に勤しむ。1967年「炭窯と蛾」で日展初入選、その後も入選を重ねる。長年親交のあった同郷の作家、水上勉氏の信頼は厚く、装丁や挿画を手掛けた水上文学作品の数は70冊以上に及ぶ。若狭の自然をモチーフにした数々の作品は人々の郷愁を深く誘い、その謙虚な人柄のゆえもあって、「野の詩人」とも「声なきものの声を聴くことのできる画家」とも謳われている

  • ページ数
    255p 図版43p
  • ISBN
    978-4-8393-9139-3
  • 発売日
    2012年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 深い思索と体験の旅を重ね、人生の足跡として記された珠玉の短歌の数々―。それらの歌にまつわる様々な想いと、数々の出会いの余韻を綴る旅歌随想集。旅先での出会いを契機に長年筆者との親交の続く画家・渡辺淳氏の精神性溢れる挿絵が、一連の作品に一層の深みと彩りを添えている。
目次
かなしみも灯る命のあればとて夕冴えわたる能登の海うみ
瞬間を永久へと変ゆる魔術もて時を羽ばたく若き二人よ
しんしんと心の闇に降る雪を遍く照らす徽軫燈篭
月の船生駒に落つる日を追ひて渡る大和に大寺の鐘
太古より時の骸の積もりたるこの砂山に消ゆる足跡
翁独り多摩の河原に冬を釣る嵐雪の皺なほ足らぬごと
大悟なき身にも刹那の春ありて慈恩の庭に光る静けさ
爽やかに夏を孕んで吹く風の光る緑を目を閉じて聴く
生まれ来し証は青き一条の光の糸と蛍飛ぶ夜
青潮の慕いをのせて湧く霧にひとり気高く礼文うすゆき〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 還りなき旅路にて 本田成親旅歌随想集
  • 還りなき旅路にて 本田成親旅歌随想集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中