ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大学の宗教迫害 信教の自由と人権について

  • 大学の宗教迫害 信教の自由と人権について

大学の宗教迫害 信教の自由と人権について

  • 室生忠/編著 室生 忠
    1944年、茨城県生まれ。フリージャーナリスト。1968年に中央大学法学部を卒業して執筆活動に入る。宗教を中心に青少年問題、薬物問題、都市伝説などの現代社会の諸テーマに取り組み、現代社会の構造や現代人の内面の在り方を追いつづけている。宗教の分野ではとくに新宗教、新・新宗教、ニューエイジなどに詳しい

  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-8174-0736-8
  • 発売日
    2012年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 真理探求の場である大学当局が新宗教系の特定サークルに不当と言える迫害、妨害を与えている。当事者である学生たちは心身に大きな痛手を受けている。学内における信仰の自由は果たしてこれでいいのか。内外の宗教ジャーナリスト、学者、司法の専門家が語る。
目次
第1章 大学で迫害される「仔羊たち」(大学構内で続発する拉致事件
大学側が積極的に加担 ほか)
第2章 鼎談・大学の「カルト」対策の現状をどう見るか(学生生活支援が「カルト対策」!?
そもそも「カルト論」とは… ほか)
第3章 アイリーン・バーカー博士インタビュー(強制棄教と脱会カウンセリング、思考矯正カウンセリング
“黒い稲妻”テッド・パトリック ほか)
第4章 福本修也弁護士インタビュー(国公立大学の「信教の自由」は、より厳格であるべき
「カルト度」は間違い ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 大学の宗教迫害 信教の自由と人権について
  • 大学の宗教迫害 信教の自由と人権について

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中