ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脱原発のウソと犯罪

  • 脱原発のウソと犯罪

脱原発のウソと犯罪

  • 中川八洋/著 中川 八洋
    筑波大学名誉教授。昭和20年(1945年)生。東京大学工学部航空学科宇宙工学コース卒。スタンフォード大学政治学科大学院修了。筑波大学助教授、教授。平成20年に定年退官。核戦略理論・核戦争理論にかかわる学術的な著書には、『現代核戦略論』『核軍縮と平和―SDIと対ソ核抑止の理論』『日本核武装の選択』などがある。未単行本に『核抑止の永遠 軍備管理の終焉』、非売品に『ウラン濃縮と核不拡散の理論』がある

  • ページ数
    287p
  • ISBN
    978-4-8174-0737-5
  • 発売日
    2012年02月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 福島の放射能避難は強制連行。六兆円賠償は、“非科学の極み”放射能の恐怖を強制・制度化した菅直人・枝野幸男・細野豪志が弁済すべきである。
目次
第1部 原発“集団ヒステリー”煽動と菅直人(コリアン総理)の大犯罪(菅直人“放射能恐怖”心理戦に洗脳された日本人
武田邦彦の大ウソ、小出裕章の巨大ウソ
“世界一の長寿地帯”となる福島県
日本の「脱・原発(電力不足)」を狙うコリアンとポスコロ革命―ポスコロ脅威を拱手傍観する、デラシネ(根無し草)化した日本人)
第2部 原発の推進しか、日本の生存はない―“新しい神話”「万能の太陽光発電」で、没落する日本(「自然エネルギーをやれば大丈夫」は、日本経済を破局に誘う“甘美な魔声”―砂漠なき日本に太陽光発電は不適、偏西風なき日本に風力発電は不適
「ドイツはドイツ、日本は日本」―国連五大常任理事国は、なぜ原発を推進するのか
「脱・原発(電力不足)」で確実な、日本経済の衰落と縮小―「さらば、経済大国ニッポン」は、日本国民の意志か?
「脱・原発」を叫ぶ“福島瑞穂のペット”西尾幹二)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 脱原発のウソと犯罪
  • 脱原発のウソと犯罪

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中