ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「空腹」が人を健康にする 「一日一食」で20歳若返る!

  • 「空腹」が人を健康にする 「一日一食」で20歳若返る!

「空腹」が人を健康にする 「一日一食」で20歳若返る!

  • 南雲吉則/著 南雲 吉則
    1955年、医家の4代目に生まれる。父は日本の美容外科のパイオニア吉和氏。東京慈恵会医科大学卒業後、東京女子医大で形成外科を、癌研究会附属病院外科で癌治療を学び、慈恵医大学第一外科乳腺外来医長を経て、乳房専門のナグモクリニックを開業。総院長として東京・名古屋・大阪・福岡の4院で癌手術、乳房手術に情熱を注いでいる。乳腺専門医、医学博士。2012年国際アンチエイジング医学会名誉会長。慈恵医大、近畿大学の非常勤講師、韓国東亜医科大学、中国大連医科大学の客員教授

  • ページ数
    190p
  • ISBN
    978-4-7631-3202-4
  • 発売日
    2012年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近年話題になっている「サーチュイン遺伝子」。
    人間の生命力を司るこの遺伝子のスイッチをオンにするための条件が「空腹」。
    つまり空腹時でないとこの遺伝子は作動しないのだ。
    ところが現代人の生活は、お腹がすかなくても時間になれば食事をしてしまう。
    そんな飽食に対して人間の体は対応できるようにはつくられていないため、様々な弊害を引き起こしているのだという。
    その他、さまざまな医学情報や自身の体験をもとに、「一日一食」が人間にとってベストな食事法だということを説明、
    新たなライフスタイルを提案する画期的な本。
    「一日一食」にするだけで「体の傷んだところが修復される」
    「自分の適正体重になる」「皮膚年齢がどんどん若返る」など、体にいいことが続々起こる!
目次
プロローグ 空腹になると発動する遺伝子がある!
第1章 食べないことがなぜ健康にいいのか?
第2章 あなたも必ずできる「一日一食」生活
第3章 「一日一食」で体はこんなに変わる
第4章 「一日一食」を習慣にしてしまおう
第5章 自分の「内なる声」にしたがって生きる
エピローグ 若さ美しさは内面の健康のあらわれ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 「空腹」が人を健康にする 「一日一食」で20歳若返る!
  • 「空腹」が人を健康にする 「一日一食」で20歳若返る!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中