ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 吉本隆明が語る親鸞
  • 吉本隆明が語る親鸞
  • 吉本隆明が語る親鸞
  • 吉本隆明が語る親鸞
  • 吉本隆明が語る親鸞
  • 吉本隆明が語る親鸞

  • 吉本隆明が語る親鸞
  • 吉本隆明が語る親鸞
  • 吉本隆明が語る親鸞
  • 吉本隆明が語る親鸞
  • 吉本隆明が語る親鸞
  • 吉本隆明が語る親鸞

吉本隆明が語る親鸞

  • ページ数
    269p
  • ISBN
    978-4-902516-66-1
  • 発売日
    2012年01月

2,700 (税込:2,916

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 吉本隆明さんによる親鸞の本、できました。

    親鸞さんを、吉本さんが。
    里の人へ、町の人へと語る。
    時空を超えて、ことばが届く。

    今年2011年は、浄土真宗を開いた鎌倉時代のお坊さん、
    親鸞の750回忌にあたります。
    親鸞が生まれたのは、仏の教えが廃れ、
    世の中が乱れる「末法の世」とされている時代でした。
    親鸞誕生後8年で源平合戦がはじまり、日本は全国規模の内乱状態に。
    翌年には養和の大飢饉が起こり、京都だけで4万人の死者が出ました。
    そして、親鸞が生きている間に、
    マグニチュード7クラスの地震が3回起こりました。

    戦乱、飢饉、災害によって傷ついた人びとを、
    親鸞はどのようにして救っていったのか。
    思想家、吉本隆明さんによる親鸞の思想の「読み解き」を、
    コラム、用語解説、写真、地図、年表をおりまぜて、
    さまざまな角度から近づいていけるような読みものにしました。
    本文のもとになった吉本隆明さんによる親鸞についての講演5本(420分)の
    音声も、付属のDVD‐Rでお聞きいただけます。

    吉本隆明さんは、親鸞についての講演でこのように語っています。
    「親鸞の考えは、信・不信にかかわらず、全部の人をおおうことができると思います。
    どれが善いのかどれが悪いのか、あるいはどれが真理でどれが真理じゃないのか、
    どれがやるべきことでどれがやるべきことではないのかということに、
    実にみごとな回答を、現代でも与えることができるものだと思います」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中