ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 拡大する放射能汚染と法規制 穴だらけの制度の現状

  • 拡大する放射能汚染と法規制 穴だらけの制度の現状

拡大する放射能汚染と法規制 穴だらけの制度の現状

  • 日置雅晴/著 日置 雅晴
    早稲田大学大学院法務研究科教授。弁護士(神楽坂キーストーン法律事務所)。1956年三重県に生まれる。1980年東京大学法学部卒業。司法修習34期。弁護士として主に都市環境問題等に関わる

  • シリーズ名
    早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える 6
  • ページ数
    89p
  • ISBN
    978-4-657-11306-1
  • 発売日
    2011年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

940 (税込:1,015

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日々明らかになりつつある放射能汚染の実態。この国の政府・国会は私たち市民のいのちをどのように守ろうとしているのか。日弁連原子力PTメンバー弁護士が、法制度の現状と問題点を明らかにする。
目次
第1部 なぜ放射能はわかりにくいのか(放射能とは
放射能が人体に及ぼす影響の不確実性)
第2部 拡大する放射能汚染と法規制の現状(わが国における放射能規制の基本的事情
放射能の空間線量に関する規制
土壌汚染および放射性廃棄物に関する規制
食品汚染に関する規制
過去の放射能汚染との比較)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 拡大する放射能汚染と法規制 穴だらけの制度の現状
  • 拡大する放射能汚染と法規制 穴だらけの制度の現状

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中